音声認識技術と多言語翻訳(AI翻訳エンジン)を組み合わせたエンジニアリングで、電子カルテや多言語対応議事録の自動生成など、リモートワークが進む新しい時代のコミュニケーションの現場で必要となる「多言語対応」を実現します。

日本語から複数の言語への一括翻訳対応が可能で、英語・中国語・フランス語・スペイン語などのメジャー言語のほか、東南アジア圏(インドネシア・タイ・ベトナム etc)の言語にも同時変換可能で、これからのリベンジ・コロナのインバウンド対策にもうってつけのソリューションとなっています。

「AI多言語翻訳サービス:Smalingual(スマリンガル)」の大きな特徴

1.ブラウザでの利用が可能(専用アプリ等インストールの必要無し)
2.チャット・会話の内容をサーバーに保存可能
3.専用端末用意の必要無し
4.翻訳エンジンの切り替えが可能
5.API接続での提供可能

当社プロダクトサービスとの組み込みや、翻訳サービスとしての単体の提供はもちろんのこと、現在OEM提供・API提供のプロジェクトソリューションを積極的に行っております。

 

PAGE TOP